スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年07月16日

Mark Owen氏の装備紹介動画?【MoH:W】

どうも、ワタナベです。




私はこの二年くらいMedal of Honor:Warfighter(以下、MoH:W)というゲームに惚れ込んでいまして、色々と調べたり装備再現をしていたりします。
非常に面白いゲームなのですが、一部の致命的なバグ、社会情勢、スキャンダルなどによりいまいち人気が出ていない残念ゲームです。

MoH:Wは実際のNAVY SEALsやGROM等の現役、退役Tier1オペレーターと達と協力し、非常にリアルな描写が話題です。
リアルすぎて、Seals隊員7名が事実上のクビにされたニュースも有名です。

「メダルオブオナー」DEVGRU隊員7名が機密漏洩で処罰(ミリブロNews)

http://news.militaryblog.jp/e379744.html

この記事によりますと、現役のDEVGRU隊員7名が不正に装備品流用した等で事実上のクビにされた他、過去在籍していた4名のことが触れられています。

最近になり色々調べたのですが、この現役、若しくは過去在籍していた4名の中にMark Owen氏がいたのではないか?という疑惑が浮上しました。
MoHWでのSEALs関連で有名な動画と言いますと、SEAL Team 6 Combat Training が有名だと思われます。

この動画はおそらく、上記の現役DEVGRUが行った「技術的協力」を収めた動画だと思われます(エピソード9までありますので、ぜひ見ることをオススメします)
なお、この動画はおそらく後述する理由によりEAアメリカ本国のチャンネルには存在しません。

さて、MoHWは上記のように実際の特殊部隊隊員達のおかげで非常にリアルな描写ですが、そのリアルさにはもう一つの要素が絡んできます。
それは実際の銃器、装備品メーカーとのパートナーシップによるライセンス取得です。
これによりリアルなストーリー、リアルな動作だけではなく、リアルな装備品も手に入れたわけです。
クレジットで見ることができますが、様々な有名企業が名を連ねています。
一例を上げると・・・
London Bridge Trading(LBT),Mechanix Wear,SureFire,Vickers Tactical,Daniel Defense,Trijicon,LaRue Tactical,Magpul,Arc'teryx,S&S Precision,Aimpoint,Crye Precision,Ops-Core,Heckler & Koch,Sig Sauer,etc...

一部の企業はパートナーシップを紹介する動画がアップロードされています。


(他にもあります)
投稿者の欄を見ていただければ解ると思いますが、EA、若しくはMedal of Honorのチャンネルからはアップロードされていません。なぜでしょうか?
それはこの悲しいニュースが絡んでいます。

ミリタリーFPS、ゲーム業界・銃器メーカーとのライセンス問題(ミリブロNews)
http://news.militaryblog.jp/e433567.html

この記事によりますと、コネチカット州の学校で発生した銃乱射事件により、マスコミからの批判が殺到、EA側はパートナーシップ動画などを削除、とあります。また、この騒動でEAが行っていた退役特殊部隊員の家族を支援するProject.Honorも消えてしまったようです。

話がそれました、戻しましょう。
問題の動画はこの三点です。




タイトルのMark Owen氏ですが、彼ほど有名な人ならばそのような装備紹介動画がアップロードされればファンが注目するはず。
しかし、私はそのような様子を見たことがありません。
理由は上述のパートナーシップ動画削除に起因すると考えられます。
投稿者を見ていただければ解ると思いますが「EA Italia」、つまりイタリアのEA支部がアップロードしております。
おそらくですが、本国のチャンネルに上げる予定だったはずが、上記の騒動のどちらかで見送られた、若しくは削除されてしまったのでしょう。

動画を見ていきましょう。
一番目の動画はLBT-6094Slickと1961Gの組み合わせ、二番目はOps-core社のバリスティックヘルメット、三番目はLBT-6094を使用したロードアウトの解説をしております。
装備自体はどちらもMark Owen氏の装備と非常に酷似しています。また、シャツの袖は切られ、左肩にはNRAの生涯会員のパッチも貼られています。




私のTwitterでのフォロワーさんが調べてくださったのですが、1961Gのドットパターンと改造、Slickのドットパターンなどが一致しています。(ありがとうございます、二次マス @STARS141 さん)




他にもOwen氏は1961チェストリグのことを「ローデシアンハーネス」と呼称します。動画内でも同じ呼称を用いております(LBTのライセンスを取っているのだから1961の名前を出せ、と言ってきてもおかしくはないはず)
また、開発に協力したDEVGRU隊員の中には「ウサマ・ビンラディン殺害」に関わった隊員もいるといわれています。言うまでもありませんが、Mark Owen氏もその作戦に関わっていました。

これはかなりの確度でMark Owen氏がMoHWに関わっていたと考えてもよいのではないでしょうか。

そうなるとMoHWの宣伝で使用されているこの写真もMark Owen氏かと思われます(パッチとMoHWの画像というだけですが)


ちなみに、EAの本国にはアップロードされていないMoHWの動画は結構あります。
中でも貴重なのは元GROM隊員?へのインタビューです。(投稿者はEAポーランド)
https://www.youtube.com/watch?v=wMrVhqgB4-g
ゲーム中に登場したGROM隊員のロードアウトの元ネタも紹介されています。  » 続きを読む

Posted by ワタナベ  at 00:39Comments(2)MoH:WF

2014年02月25日

タスクフォース・アトラスとその仲間たち



どうもみなさん、ご無沙汰してます。
さて、私はちょうど1年くらい前からメダルオブオナー:ウォーファイターにドはまりしておりまして、
それが高じてLBTの派生会社からゲームオリジナルの装備買ってダスティのコスプレしたりいろいろしてました。

さて、今回はそのMoH:WFのマルチプレイヤーに登場する国際対テロタスクフォース、タスクフォースアトラスの仲間たちを紹介したいと思います。

タスクフォースアトラスは10カ国、12の部隊からなるタスクフォースでその作戦はさまざまな部隊によって支援されています。
今回はその中でもマルチプレイヤーにおいて、キルストリークで呼べるサポートアクションに登場する支援チームをコールサインで紹介します。

・アトラス
タスクフォースアトラスのコールサイン。
誰が無線を使おうがアトラス。
誰から無線が来ようがアトラス。
混乱しないんですかね。
支援をする側はどの隊員が呼んだかわかってるようなので何かがある。きっと。
ちなみにクレジットいわく「アトラス1」って奴がいる。

・ブラックバード
ご存知タスクフォースブラックバードを呼び出すコールサイン。
応答はダスティがやってくれる。ちなみにやることはUAVを送ったり状況を知らせてくれたり。
だからマルチのアナウンスは基本的にダスティがやる。

・アグリー3-5
おそらくはA-10のコールサイン。
機銃を使ったCASから終末誘導を歩兵が出来る謎ミサイル、
クラスター爆弾、おまけにロケット自走砲(原文から察するにロケット砲)まで持ってるCAS機の鑑。
ついでに言うとアグリー3-5は前作のMoH2010のバグラム飛行場確保の時に空爆をやってくれたA-10のコールサイン。

・バズソウ1-3
AH-6Jで近接航空支援をしてくれる。きちんと進入してくる方角を伝えてくれる。
ちなみに行って帰ってで二回支援してくれます。シングルの「点と線」にも出てくる。「1-3、支援を要請」「了解、1-6が向かう」
ちなみにシングルには
バズソウ1-3(機体は不明。おそらくAH-6「1-3、支援を要請」「了解、1-6が向かう」とか「バズソウ1-6が支援にむかえる」「了解1-3。道を切り開けと伝えろ」とか)
バズソウ1-6(AH-6。支援してくれる)
バズソウ2-3(MH-6。墜落したやつ)
バズソウ2-5(MH-6。ブードゥーたちの乗機)
タリー1-3(AH-6っぽい)
が搭乗します。

・リフト1-6
輸送専門かと思いきやスタブウィングにロケット満載でやってきてくれることもあるブラックホーク。
エンジンから火を噴いたとしても墜落は絶対にしない。取り合えす両側にミニガンつけてください。
ちなみにシングルプレイにも登場。MVミストレス号でブードゥーが救援に呼んだのがこれ。

・ベアキャット1-3
アパッチのコールサイン。実は呼んだ本人よりバディの方が使いやすい。
ちなみにシングルでRPGに狙われて尻尾巻いて帰ったのはグラディエーター1-1。

・迫撃砲チーム
コールサインは無いけど頼れる間接攻撃の要。60mm、81mm、120mmドラゴンファイア、空中炸裂迫撃砲、煙幕と各種取り揃えてます。たとえどんな場所でもレーザーを確認して打ち込んでくれるけど、コンバットミッションじゃ自陣にしか打ち込めないので使い勝手がちょっとわるい。

・C2
Command and Controlの略かと。補給物資をくれる。おすそ分けは大事。  

Posted by ワタナベ  at 11:42Comments(0)MoH:WF

2013年10月14日

Medal of Honor:Warfighterのテロに関する設定の考察

どうもです。
先日MoH:WFをプレイしてるときに、カットシーンで流れるダスティの部屋の壁にハッサンのフルネームを発見したのがきっかけで
壁の書き込みをすべて書き起こしてみました。
判別しにくいところは無理やり文字に起こすか、欠落させました。
さらに実際にはこれに加え写真が貼り付けられたりしてます。


(諸事情でスキャナーが使えないので今はこれで勘弁してください)

とても大変な作業でしたが、そのおかげでさまざまな情報が手に入りました。
以下にその内容から考察したのをまとめましたが、ネタバレ厳重注意です。  » 続きを読む

Posted by ワタナベ  at 17:44Comments(0)MoH:WF